コンテンツにスキップ

関数 > アナログ入力 >

YdxAiGetEvent

機能

イベントの設定を取得します。

書式

INT YdxAiGetEvent(
    INT id,
    INT* mask,
    HANDLE* hEvent
);

パラメータ

id

YdxOpen関数 で取得したIDを指定します。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

mask

イベント要因を格納する変数へのポインタを指定します。
ビットごとに意味を持っていて、論理和された結果が格納されます。

定義名 イベント要因
00000001h YDX_EVENT_STOP 動作終了
00000002h YDX_EVENT_SAMPLE_NUM サンプル数
00000004h YDX_EVENT_START_TRIG 開始条件成立
00000008h YDX_EVENT_STOP_TRIG 停止条件成立
00010000h YDX_EVENT_SAMPLE_CLOCK_ERR サンプリングクロックエラー
00020000h YDX_EVENT_OVERRUN_ERR オーバランエラー
00040000h YDX_EVENT_HARDWARE_ERR ハードウェアエラー
00080000h YDX_EVENT_COMMUNICATE_ERR 通信エラー
言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
out int Integer Long int* INT*

hEvent

イベントオブジェクトのハンドルを格納する変数へのポインタを指定します。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
out IntPtr IntPtr Long IntPtr* HANDLE*

戻り値

関数が正常に終了した場合は、0(YDX_RESULT_SUCCESS)が返ります。
正常に終了しなかった場合は、0以外が返ります。
詳細は、戻り値一覧 を参照してください。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

備考

パラメータの詳細については、YdxAiSetEvent関数 を参照してください。

使用例

イベントの設定を読み出します。

C#

int result;
int mask;
IntPtr hEvent;
result = Ydx.AiGetEvent(id, out mask, out hEvent);

VB.NET

Dim result As Integer
Dim mask As Integer
Dim hEvent As IntPtr
result = YdxAiGetEvent(id, mask, hEvent)

VB6.0

Dim result As Long
Dim mask As Long
Dim hEvent As Long
result = YdxAiGetEvent(id, mask, hEvent)

C++/CLI

int result;
int mask;
IntPtr hEvent;
result = YdxAiGetEvent(id, &mask, &hEvent);

C/C++

INT result;
INT mask;
HANDLE hEvent;
result = YdxAiGetEvent(id, &mask, &hEvent);