コンテンツにスキップ

関数 > アナログ出力 >

YdxAoSetBuffer

機能

データバッファ の形式を設定します。

書式

INT YdxAoSetBuffer(
    INT id,
    INT bufferType
);

パラメータ

id

YdxOpen関数 で取得したIDを指定します。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

bufferType

データバッファの形式を指定します。

意味 説明
0 FIFOバッファ形式 出力は、先に設定したデータから順におこなわれます。
出力したデータは、バッファから破棄されます。
動作中 にデータを設定(追加)する事が可能です。
1 リングバッファ形式 データを最後まで出力すると、先頭に戻って繰り返し出力がおこなわれます。
出力したデータは、バッファから破棄されません。
動作中 にデータを設定する事はできません。

初期値は0です。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

戻り値

関数が正常に終了した場合は、0(YDX_RESULT_SUCCESS)が返ります。
正常に終了しなかった場合は、0以外が返ります。
詳細は、戻り値一覧 を参照してください。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

備考

データバッファにデータが残った状態のまま、本関数により設定を変更した場合、データはクリアされます。

本関数は、アナログ出力が 動作中 には実行できません。

使用例

データバッファを、リングバッファ形式に設定します。

C#

int result;
result = Ydx.AoSetBuffer(id, 1);

VB.NET

Dim result As Integer
result = YdxAoSetBuffer(id, 1)

VB6.0

Dim result As Long
result = YdxAoSetBuffer(id, 1)

C++/CLI

int result;
result = YdxAoSetBuffer(id, 1);

C/C++

INT result;
result = YdxAoSetBuffer(id, 1);