コンテンツにスキップ

関数 > アナログ出力 >

YdxAoSetStartOutRange

機能

サンプリング開始条件( アナログ入力トリガ アウトレンジ比較 )を設定します。
しきい値は、バイナリ値で指定します。

書式

INT YdxAoSetStartOutRange(
    INT id,
    INT aiChannel,
    INT level1,
    INT level2,
    INT mode
);

パラメータ

id

YdxOpen関数 で取得したIDを指定します。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

aiChannel

比較をするアナログ入力チャネルを指定します。
設定範囲は0~5、初期値は0です。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

level1・level2

しきい値を指定します。
設定範囲は-30,000~30,000、初期値はlevel1=-15,000・level2=15,000です。
「データ≦level1 または level2≦データ」となった時に、条件が成立します。(level1≦level2の場合) 「データ≦level2 または level1≦データ」となった時に、条件が成立します。(level2≦level1の場合)

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

mode

動作モードを指定します。

意味
0 エッジセンス(アウトレンジでない状態から、アウトレンジに変化した時に、条件成立)
1 レベルセンス(アウトレンジの時に、条件成立。最初からアウトレンジだった場合も、条件成立)

初期値は0です。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

戻り値

関数が正常に終了した場合は、0(YDX_RESULT_SUCCESS)が返ります。
正常に終了しなかった場合は、0以外が返ります。
詳細は、戻り値一覧 を参照してください。

言語 C# VB.NET VB6.0 C++/CLI C/C++
int Integer Long int INT

備考

YdxAoSetStartCondition関数 で、サンプリング開始条件として「アナログ入力トリガ(アウトレンジ比較)」を選択した場合にのみ設定が有効になります。
サンプリング開始条件として「アナログ入力トリガ(アウトレンジ比較)」を選択しない場合は、本関数を実行する必要はありません。

本関数は、アナログ出力が 動作中 には実行できません。

使用例

サンプリング開始条件(アナログ入力トリガ アウトレンジ比較)を設定します。
比較をするチャネルは1、しきい値は-2,300と4,500、動作モードはレベルセンスに設定します。

C#

int result;
result = Ydx.AoSetStartOutRange(id, 1, -2300, 4500, 1);

VB.NET

Dim result As Integer
result = YdxAoSetStartOutRange(id, 1, -2300, 4500, 1)

VB6.0

Dim result As Long
result = YdxAoSetStartOutRange(id, 1, -2300, 4500, 1)

C++/CLI

int result;
result = YdxAoSetStartOutRange(id, 1, -2300, 4500, 1);

C/C++

INT result;
result = YdxAoSetStartOutRange(id, 1, -2300, 4500, 1);