コンテンツにスキップ

関数 > 実行手順 >

高機能アナログ出力

準備

ユニットとパソコンをUSBケーブルで接続し、ユニットへ電源を供給してください。
(ユニットへ電源供給後、パソコンがユニットを認識するまでに数秒程度必要となる場合があります)

ユニットのオープン

YdxOpen関数 を使用してユニットをオープンします。

設定

各種設定をおこないます。
初期値のまま動作させる場合には省略する事が可能です。

データの設定

以下のいずれかに該当する場合は、データを設定する前に YdxAoClearData関数 を実行してください。

ただしデータバッファ形式がリングバッファ形式に設定されている場合は実行不要です。
(データ設定時に自動的にクリアが実行される為)

YdxAoSetData関数 または YdxAoSetDataVolt関数 を使用して、データを設定します。
データバッファがFIFO形式の場合は、動作中 もデータの追加が可能です。

出力動作の開始

YdxAoStart関数 を使用して、アナログ出力動作を開始します。

動作状態の監視

YdxAoGetStatus関数 を使用して、動作状態を監視する事ができます。

出力動作の停止

設定された条件でのサンプリングが全て終了すると、アナログ出力動作は自動的に停止します。
エラー(サンプリングクロックエラー・ハードウェアエラー・通信エラー)が発生した場合も自動的に停止します。
また、YdxAoStop関数 を使用して停止する事も可能です。

ボードのクローズ

YdxClose関数 を使用してボードをクローズします。

終了

ボードへの電源供給を止めます。

参考

  • AoPolling

    高機能アナログ出力のサンプルプログラムです。
    動作状態の監視をポーリングでおこなっています。

  • AoEvent

    高機能アナログ出力のサンプルプログラムです。
    動作状態の監視をイベントでおこなっています。