コンテンツにスキップ

サンプルプログラム > アナログ出力 >

AoPolling

高機能アナログ出力 のサンプルプログラムです。
アナログ出力を1000回おこないます。
動作状態の監視をポーリングでおこなっています。

画面

  1. オープン

    ユニットのオープンをします。

  2. 出力開始

    出力を開始します。
    「動作条件の設定」→「動作開始」→「ポーリングによる状態監視」という手順が実行されます。
    全てのアナログ出力チャネルに、サンプリング周期 1msec・1000サンプリングの正弦波を出力します。
    出力波形は、1Hzの正弦波1周期・振幅は±10Vです。

  3. クローズ

    ユニットのクローズをします。
    オープンをした場合は、必ず実行する必要があります。

備考

「出力開始」後は、動作が停止するまで、動作状態の読み出しを繰り返しおこない監視(ポーリング)しています。
その為、パソコンに負荷がかかります。
タイマ等を使用して動作状態の読み出し頻度を減らす事で、負荷を軽減できます。
また、ポーリングの代わりにイベントを使用して、パソコンにかかる負荷を大幅に軽減できます。

サンプルソース