コンテンツにスキップ

機能説明 > アナログ入力 >

サンプル数の監視

サンプル数を監視して、ステータスとして通知したり、イベントを発生させる事ができます。

データバッファのデータが、監視サンプル数以上になった場合、以下の動作となります。

  • YdxAiGetStatus関数 で、ステータスを読み出した時、監視サンプル数ビットがオンになります。
  • YdxAiSetEvent関数 で、監視サンプル数イベントを有効に設定してある場合、イベントが発生します。

監視サンプル数は、YdxAiSetCheckSampleNum関数 で設定します。