コンテンツにスキップ

機能説明 > アナログ入力 >

レベル比較トリガ
(アナログ入力トリガ)

アナログ入力トリガとは、外部からのアナログ入力を サンプリング開始条件・停止条件 として使用する事です。
レベル比較トリガは、アナログ入力状態がしきい値以上またはしきい値以下になった時に条件成立とします。

アナログ入力トリガとして使用するアナログ入力チャネルと動作モードの設定には、以下の関数を使用します。

動作モード

立ち上がりエッジセンス

しきい値未満から、しきい値以上に変化した時に、条件成立。

※ 図は、太線がアナログ入力信号、黒丸がサンプリングタイミングを表しています。

立ち下がりエッジセンス

しきい値を超える値から、しきい値以下に変化した時に、条件成立。

※ 図は、太線がアナログ入力信号、黒丸がサンプリングタイミングを表しています。

両エッジセンス

「しきい値未満から、しきい値以上に変化した時」または「しきい値を超える値から、しきい値以下に変化した時」に、条件成立。

 

※ 図は、太線がアナログ入力信号、黒丸がサンプリングタイミングを表しています。

ハイレベルセンス

しきい値以上の時に、条件成立。
最初からしきい値以上だった場合も、条件成立。
(最初、しきい値未満だった場合は、立ち上がりエッジセンスと同じタイミング)

ローレベルセンス

しきい値以下の時に、条件成立。
最初からしきい値以下だった場合も、条件成立。
(最初、しきい値を超える値だった場合は、立ち下がりエッジセンスと同じタイミング)