コンテンツにスキップ

機能説明 > デジタル入力 >

外部トリガ

外部トリガとは、外部からのデジタル入力を サンプリング開始条件・停止条件 として使用する事です。
外部トリガとして使用するデジタル入力チャネルと動作モードの設定には、以下の関数を使用します。

動作モードは、立ち上がりエッジセンス・立ち下がりエッジセンス・両エッジセンス・ハイレベルセンス・ローレベルセンスから選択できます。

立ち上がりエッジセンス

OFF→ONに変化した時に、条件成立。

立ち下がりエッジセンス

ON→OFFに変化した時に、条件成立。

両エッジセンス

「ON→OFF」または「OFF→ON」に変化した時に、条件成立。

 

ハイレベルセンス

ONの時に、条件成立。
最初からONだった場合も、条件成立。
(最初、OFFだった場合は、立ち上がりエッジセンスと同じタイミング)

ローレベルセンス

OFFの時に、条件成立。
最初からOFFだった場合も、条件成立。
(最初、ONだった場合は、立ち下がりエッジセンスと同じタイミング)