コンテンツにスキップ

機能説明 > デジタル出力 >

データバッファ

データバッファは、ユニット内部にあり、データを一時的に記憶します。
パソコンからはデータをまとめて設定する事が可能になるため効率的で、パソコン側の負荷を大幅に軽減する事が可能になります。

用途に応じて、FIFOバッファ形式とリングバッファ形式が選択できます。

FIFOバッファ形式

出力は、先に設定したデータから順におこなわれます。
出力したデータは、バッファから破棄されます。
動作中 にデータを設定(追加)する事が可能です。

※ 動作中にデータを設定(追加)する事が可能ですので、データバッファが空にならないように定期的にデータを設定(追加)する事で容量以上の長時間のサンプリングが可能になります。

リングバッファ形式

データを最後まで出力すると、先頭に戻って繰り返し出力がおこなわれます。
出力したデータは、バッファから破棄されません。
動作中 にデータを設定する事はできません。

※ 波形を繰り返し出力する場合などに便利です。