関数 > モーター制御関数 >

PmcmGetEmptyCp

機能

CPの空き動作パラメータ数の取得をします。

書式

INT PmcmGetEmptyCp(
    WORD wID,
    WORD wAxis,
    PWORD pwNumofEmpty
);

パラメータ

wID

ボードのID番号を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
WORD unsigned short ushort Short Integer uint16_t

wAxis

取得する軸を指定します。複数の軸を指定することができます。

設定値 内容
PMCM_AXIS_X X軸
PMCM_AXIS_Y Y軸
言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
WORD unsigned short ushort Short Integer uint16_t

pwNumofEmpty

CP空き動作パラメータ数を格納するバッファへのポインタを指定します。

バッファは2軸分用意してください

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
PWORD unsigned short* ushort Short Integer uint16_t*

戻り値

関数が正常に終了した場合は0(PMCM_RESULT_SUCCESS)が返ります。
正常に終了しなかった場合は0以外が返りますので、その場合はエラーコードを参照してください。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
INT int int Integer Long int32_t

備考

複数軸同時に取得しない場合でも、CP空き動作パラメータ数バッファは2軸分用意し、配列の先頭アドレスを関数へ設定するようにしてください。

WORD wEmpty[2]; 2軸分用意
wEmpty[0] X軸のCP空き動作パラメータ数
wEmpty[1] Y軸のCP空き動作パラメータ数

使用例

IDが0のボードの、X軸とY軸のCP空き動作パラメータ数を取得します。

C/C++

int nResult;
WORD wAxis;
WORD wEmpty[2];
wAxis = PMCM_AXIS_X + PMCM_AXIS_Y;
nResult = PmcmGetEmptyCp(0, wAxis, wEmpty);

C++/CLI

int result;
unsigned short axis;
unsigned short empty[2];
axis = PMCM_AXIS_X + PMCM_AXIS_Y;
result = PmcmGetEmptyCp(0, axis, empty);

C#

int result;
ushort axis;
ushort[] empty = new ushort[2];
axis = Pmcm.PMCM_AXIS_X + Pmcm.PMCM_AXIS_Y;
result = Pmcm.GetEmptyCp(0, axis, empty);

VB(.NET2002以降)

Dim result As Integer
Dim axis As Short
Dim empty(1) As Short
axis = PMCM_AXIS_X + PMCM_AXIS_Y
result = PmcmGetEmptyCp(0, axis, empty)

VB6.0

Dim lngResult As Long
Dim intAxis As Integer
Dim intEmpty(1) As Integer
intAxis = PMCM_AXIS_X + PMCM_AXIS_Y
lngResult = PmcmGetEmptyCp(0, intAxis, intEmpty(0))

GCC

int32_t result;
uint16_t axis;
uint16_t empty[2];
axis = PMCM_AXIS_X + PMCM_AXIS_Y;
result = PmcmGetEmptyCp(0, axis, empty);