機能説明 >

位置決め完了信号(INP)

概要

パルス列入力タイプのサーボドライバには、内部に指令パルス入力とフィードバックパルス入力との差をカウントする偏差カウンタがあり、その差が0になるようにモーターを制御します。 つまり、サーボドライバは指令パルスよりも遅れて動作し、指令パルスを停止してもドライバ内の偏差カウンタが0になるまで停止が遅れます。

動作完了判断をサーボドライバからの位置決め完了信号(INP信号)の入力時とすることができます。

設定項目

備考

パルス出力完了時に、既にINP信号ONの場合には、遅延なしで動作完了になります。