動作確認ユーティリティ(Windowsのみ) > 動作パラメータ設定 >

CP動作の設定・取得

メニューの[動作パラメータ設定]-[CP動作]をクリックするとCP動作の設定・取得画面が表示されます。

動作パラメータに初期設定値はありませんので、動作開始前に動作パラメータを設定してください

設定

CP動作の設定をおこないます。
設定の詳細についてはPmcmSetMotionCp関数の説明を参照してください。

  1. 動作パラメータを0番目から順に設定します
    5つのCP動作を設定する場合は0~4番目の動作パラメータを設定します。
  2. 動作パラメータの設定をしてください
  3. 動作パラメータ数を設定します
    1で0~4番目の動作パラメータを設定した場合は5を設定します。
  4. 設定をおこなう軸をチェック状態にしてください(複数の軸は選択できません)
  5. 設定ボタンをクリックしてください。正常終了と表示されると設定完了です

取得

CP動作設定の取得をおこないます。
設定の詳細についてはPmcmGetMotionCp関数の説明を参照してください。

  1. 設定を取得する動作パラメータ数を設定してください
    取得完了後には実際に取得した動作パラメータ数が表示されます。
  2. 設定を取得する軸をチェック状態にしてください(複数の軸は選択できません)
  3. 取得ボタンをクリックしてください。正常終了と表示されると取得完了です
  4. 取得した動作パラメータは0番目から順に格納されています
    5つの動作パラメータを取得した場合は0~4番目に取得したデータが表示されます。