サンプルプログラム > リレー出力 >

C/C++

開発環境の設定(Windows)

VC6.0

  1. 以下のファイルをプロジェクトフォルダにコピーします。
    YdciApi.h
    Ydci.lib

  2. YdciApi.h, Ydci.libをプロジェクトに追加します。

  3. ソースファイルにYdciApi.hをインクルードします。
    (下記プログラム例を参照して下さい)

VC.NET2002以降

  1. 以下のファイルをプロジェクトフォルダにコピーします。
    YdciApi.h

  2. YdciApi.hをプロジェクトに追加します。

  3. Ydci.libを以下の手順でプロジェクトに追加します。
    メニューの[プロジェクト]-[プロパティ]を選択し、プロパティページのダイアログを開きます。
    ダイアログの左ペインで[構成プロパティ]-[リンカ]-[入力]を選択します。
    右ペインの[追加の依存ファイル]にYdci.libと入力します。

  4. ソースファイルにYdciApi.hをインクルードします。
    (下記プログラム例を参照して下さい)

プログラム例(Windows)

#include <windows.h>
#include <stdio.h>
#include "YdciApi.h"

void main()
{
    int nResult;
    WORD wID;
    BYTE abyInData[2];
    BYTE abyOutData[4];
    BOOL bResult;
    int i;

    // ボード識別スイッチが0のボードをオープンします
    nResult = YdciOpen(0, "RLY-P4/2/0B-UBT", &wID);
    if(nResult != YDCI_RESULT_SUCCESS){
        printf("オープンできません\n");
        return;
    }

    // IN0~1の入力をおこないます
    nResult = YdciDioInput(wID, abyInData, 0, 2);
    // 入力データの表示
    for(i = 0; i < 2; i++){
        printf("IN%u : %u\n", i, abyInData[i]);
    }

    // RY1~4のリレー出力をONします
    for(i = 0; i < 4; i++){
        abyOutData[i] = 1;
    }
    nResult = YdciRlyOutput(wID, abyOutData, 0, 4);

    // ボードをクローズします
    bResult = YdciClose(wID);
}