関数 > デジタル入出力 >

YduDioInput

機能

任意の点数の入力端子の状態を読み込みます。

書式

INT YduDioInput(
    WORD wUnitID,
    PBYTE pbyData,
    WORD wStart,
    WORD wCount
);

パラメータ

wUnitID

入力読み込みをおこなうユニットのID番号を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
WORD unsigned short ushort Short Integer

pbyData

入力データを格納するバッファへのポインタを指定します。
関数が正常に実行されると、入力データが格納されます。

入力データ 状態
0 OFF
1 ON
言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
PBYTE unsigned char* byte Byte Byte

wStart

入力開始番号(0~)を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
WORD unsigned short ushort Short Integer

wCount

入力の読み込みをおこなう数を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
WORD unsigned short ushort Short Integer

戻り値

関数が正常に終了した場合は0(YDU_RESULT_SUCCESS)が返ります。
正常に終了しなかった場合は0以外が返りますので、その場合はエラーコードを参照してください。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
INT int int Integer Long

使用例

ユニットIDが0のユニットのIN0からIN7の入力端子の状態を読み込みます。
データはIN0から順にデータバッファへ格納されます。

C/C++

int nResult;
BYTE abyData[8];
nResult = YduDioInput(0, abyData, 0, 8);

C++/CLI

int result;
unsigned char inputData[8];
result = YduDioInput(0, inputData, 0, 8);

C#

int result;
byte[] inputData = new byte[8];
result = YduDio.Input(0, inputData, 0, 8);

VB(.NET2002以降)

Dim result As Integer
Dim inputData(7) As Byte
result = YduDioInput(0, inputData, 0, 8)

VB6.0

Dim lngResult As Long
Dim bytData(7) As Byte
lngResult = YduDioInput(0, bytData(0), 0, 8)