関数 > モーター制御関数 >

YduPmcsGetPulseConfig

機能

パルス出力の設定値を取得します。

パルス出力について

書式

INT YduPmcsGetPulseConfig(
    WORD wUnitID,
    WORD wAxis,
    WORD wMode,
    PWORD pwConfig
);

パラメータ

wUnitID

ユニットのID番号を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
WORD unsigned short ushort Short Integer

wAxis

設定値を取得する軸を指定します。複数の軸を指定することはできません。

設定値 内容
PMC_AXIS_X0 X0軸
PMC_AXIS_Y0 Y0軸
PMC_AXIS_Z0 Z0軸
PMC_AXIS_U0 U0軸
PMC_AXIS_X1 X1軸
PMC_AXIS_Y1 Y1軸
PMC_AXIS_Z1 Z1軸
PMC_AXIS_U1 U1軸
言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
WORD unsigned short ushort Short Integer

wMode

取得する項目を指定します。

設定値 内容
PMC_PULSE_OUT パルス出力論理
PMC_IDLE アイドリングパルス数
PMC_METHOD パルス方式
言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
WORD unsigned short ushort Short Integer

pwConfig

設定値を格納するバッファへのポインタを指定します。
取得する項目(wMode)によって値が異なります。

  • wMode : PMC_PULSE_OUT

    内容
    0 負論理
    1 正論理

  • wMode : PMC_IDLE

    0~7

  • wMode : PMC_METHOD

    内容
    0 2パルス方式
    1 1パルス方式
言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
PWORD unsigned short* out ushort Short Integer

戻り値

関数が正常に終了した場合は0(YDU_RESULT_SUCCESS)が返ります。
正常に終了しなかった場合は0以外が返りますので、その場合はエラーコードを参照してください。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0
INT int int Integer Long

使用例

ユニットIDが0のユニットから、X0軸のパルス出力論理を取得します。

C/C++

int nResult;
WORD wConfig;
nResult = YduPmcsGetPulseConfig(0, PMC_AXIS_X0, PMC_PULSE_OUT, &wConfig);

C++/CLI

int result;
unsigned short config;
result = YduPmcsGetPulseConfig(0, PMC_AXIS_X0, PMC_PULSE_OUT, &config);

C#

int result;
ushort config;
result = YduPmcs.GetPulseConfig(0, YduPmcs.PMC_AXIS_X0, YduPmcs.PMC_PULSE_OUT, out config);

VB(.NET2002以降)

Dim result As Integer
Dim config As Short
result = YduPmcsGetPulseConfig(0, PMC_AXIS_X0, PMC_PULSE_OUT, config)

VB6.0

Dim lngResult As Long
Dim intConfig As Integer
lngResult = YduPmcsGetPulseConfig(0, PMC_AXIS_X0, PMC_PULSE_OUT, intConfig)