Skip to content

DAQ-Xシリーズ - よくあるお問い合わせ(FAQ)

USBハブを介して接続しても使用できますか?

はい、使用できます。
ただし、バスパワー専用機種ではバスパワーUSBハブは使用できません。
セルフパワーUSBハブは全ての機種で使用可能です。

USBバスパワーで動作可能ですか?

一部の機種はバスパワーで動作します。
セルフパワー専用機種は、別売りのACアダプタを御使用頂くか、+5V電源を供給してご使用頂くことになります。

バスパワー専用機種とセルフパワー専用機種の主な違いを教えてください

バスパワー専用機種とセルフパワー専用機種の主な違いは以下のとおりです。

項目 バスパワー専用機種 セルフパワー専用機種
外部からの電源供給 不要
(USBバス電源を使用)
必要
バスパワーUSBハブ 使用不可(※1) 使用可能
USBサスペンド時
(※2)(※3)
省電力モード
(デジタル出力は全てオフ)
(絶縁回路電源はオフ)
状態を保持

※1 セルフパワーUSBハブは全ての機種で使用可能です。
※2 パソコンがスリープ(スタンバイ)・休止状態・シャットダウンのいずれかの状態の時の事です。
※3 USB通信は不可能になる為、通信は切断されます。

ACアダプタが2種類ありますが、どちらを使えば良いのですか?

どちらのACアダプタでもセルフパワー専用機種の全機種に使用することができます。
コンセントの電圧によってどちらかを選択してください。

  • NP12-1S0523 : AC100~120V
  • GF18-US0530T : AC100~240V
USBコネクタの形状(タイプ)を教えてください

USBコネクタはBタイプです。

USB 1.1でも使用できますか?

はい、使用できます。

ソフトウェア・APIの仕様を教えてください

ソフトウェアの仕様、APIの仕様・使用方法につきましては、ヘルプファイル をご覧下さい。

64bit OSに対応していますか?

Windows XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10の64bit(x64)に対応しております。
32bitアプリケーションだけでなく、64bitアプリケーションにも対応しております。

VBAで制御可能ですか?

はい、可能です。
VB6用の標準モジュール(拡張子bas)が付属しています。VBAでこの標準モジュールをインポートすることでAPIが使用できます。

デジタル入出力に要する時間はどれくらいですか?

入力関数(YdxDiInputBit)及び出力関数(YdxDoOutputBit)を10000回連続して実行した場合の 1回当たりの平均所要時間は以下の通りです。

  • USB 2.0
入力/出力 入力/出力点数 10000回実行時間 1回あたりの実行時間
入力 1 2510~2530msec 251~253μsec
入力 16 2510~2530msec 251~253μsec
出力 1 2510~2530msec 251~253μsec
出力 16 2510~2530msec 251~253μsec
  • USB 1.1(USB 1.1ハブ使用)
入力/出力 入力/出力点数 10000回実行時間 1回あたりの実行時間
入力 1 30000msec 3msec
入力 16 30000msec 3msec
出力 1 30000msec 3msec
出力 16 30000msec 3msec

使用パソコン Vostro230[DELL](OS: Windows7, CPU: Intel Core2 Quad Processor Q8400 2.66GHz)
※ただし、パソコンの性能やCPUの負荷状況によって変わります

入力/出力点数が違っても関数の実行時間は変わりません。
複数の点数の入力/出力をおこないたい場合は、1回の関数でまとめておこなったほうが時間を短縮できます。

サンプリング機能を使用すれば、より高速な入出力も可能です。
DIO-16/16C-USCは最高10MSPS(1回あたりの実行時間=0.1μsec)での入出力が可能です。

アナログ入出力ユニットに4-20mA出力の素子を接続するにはどうしたら良いですか?

アナログ入出力ユニットと、4~20mA出力素子との接続について」をご覧下さい。

貸し出し機(デモ機)はありますか?

申し訳ありませんが、ご用意しておりません。

RoHS指令に対応していますか?

はい、対応しております。

Windows 10に対応していますか?

はい、対応しております。
Windows 10で使用される場合は、最新のドライバ及びソフトウェアパックをご使用ください。