Skip to content

無線LAN(Wi-Fi)絶縁デジタル入出力ボード DIO-8/4RD-WUC

Wi-Fiモジュール ESP-WROOM-02(ESP8266)を搭載したデジタル入出力ボードです。
無線LANを使用して、絶縁デジタル入出力(入力8点・出力4点)やI2Cデバイスの制御がおこなえます。

DIO-8/4RD-WUC

特徴

  • Arduinoとして簡単に使用できるWi-Fiモジュール「ESP-WROOM-02(ESP8266)」を搭載しています。
  • 絶縁デジタル入力8点・絶縁デジタル出力4点と拡張コネクタ(I2C接続)を搭載しています。
  • デジタル入出力は内部回路と絶縁されており、外部回路に異常があっても内部回路や電源は保護されます。
  • デジタル入力はフォトカプラ入力です。
  • 制御システムで一般的に使用されるDC5V~DC24Vに対応しています。
  • 耐ノイズ性が高く、高信頼性です。
  • デジタル出力はフォトリレー出力です。
  • 高電圧・高電流のオンオフ制御ができます。
    • 使用電圧:最大48V
    • 出力電流:最大400mA(Ta=25℃)、最大250mA(Ta=60℃)
  • メカニカルリレーと比較して長寿命・静音・高速動作です。
  • 弊社製のI2C拡張ボード」をスタックして入出力を拡張することができます。
    I2C接続の為、その他の様々なボード等も接続して使用する事ができます。
    I2Cバス電圧は3.3Vです。
  • RoHS指令に対応しています。

付属品

  • なし

使用するには「USBシリアル変換モジュール」や「マイクロUSBケーブル」が必要です。
(付属していませんので別途用意をお願いいたします)

ドキュメント

回路図

データシート

ESP-WROOM-02(Wi-Fiモジュール)
PCA9535C(IOエクスパンダ)
TLP292-4LGB(フォトカプラ)
TLP172A(フォトリレー)
XG4C-2634(コネクタ)

参考資料

ESP-WROOM-02 メーカーの製品紹介ページ

外形寸法図

注意事項

使用方法

使用例

尚、ESP-WROOM-02(ESP8266)の使用例は、Web上にたくさんありますので、そちらも参考にしてください。

使用イメージ

AIO-32/0RA-IRC をスタックした DIO-8/4RD-WUC
AIO-32/0RA-IRC をスタックした本製品

購入方法

関連商品