DIO-8/4RD-WUCの開発環境のセットアップ

Arduino IDEのインストール

(Arduino IDEがインストールしてない場合のみ必要)

公式サイトからArduino IDEをダウンロードします。

Arduino IDEのダウンロード画面

ダウンロードのみおこなう場合は「JUST DOWNLOAD」をクリックします。
寄付もおこなう場合は「CONTRIBUTE & DOWNLOAD」をクリックします。

ダウンロードボタン

表示される手順にそってインストールします。

Wi-Fiモジュールを使用するための設定

Arduino IDEを起動します。

「ファイル」→「環境設定」を開きます。

「設定」タブの「追加のボードマネージャのURL」に「http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json」と入力します。

環境設定

「ツール」→「ボード」→「ボードマネージャ」を開きます。

検索窓に「ESP8266」と入力して表示される 「esp8266 by ESP8266 Community」というパッケージをインストールします。

ボードマネージャ

「ツール」→「ボード」→「Generic ESP8266 Module」を選択します。

「ツール」の以下の項目を設定します。

項目
Flash Mode QIO
Flash Frequency 40MHz
CPU Frequency 80MHz
Flash Size 4M(3M SPIFFS)
Debug port Disabled
Debug Level なし
Reset Method ck
Upload Speed 115200

デジタル入出力を使用するための設定(ライブラリのインストール)

ライブラリをダウンロードします。

「スケッチ」→「ライブラリをインクルード」→「.ZIP形式のライブラリをインストール…」から先程ダウンロードしたライブラリ(Y2C_DIO84RD.zip)を指定します。

ZIP形式のライブラリをインストール

インストールするライブラリを含むZIPファイルまたはフォルダを指定してください

「ライブラリが追加されました。」と表示されます。
これで開発環境のセットアップは完了です。