USB-I2C変換ボード(DIO-8/4RE-UBC)を使用して、パソコンからDCモータを制御する

使用する部品

付属していませんので別途用意をお願いいたします。

  • DIO-8/4RE-UBC
  • マイクロUSBケーブル
  • リセット可能ヒューズ(例: FEMTOSMDC010F-2)または 0Ωチップ抵抗(サイズ:1.6mm × 0.8mm)
  • DC & Stepper Motor HAT for Raspberry Pi(PRODUCT ID: 2348)[Adafruit]
  • 取付用スペーサ 4本・ねじ
  • DCモーター
  • DCモーター駆動用電源

手順

DIO-8/4RE-UBC のセットアップが済んでいない場合、DIO-8/4RE-UBC のセットアップと動作確認をおこないます。
以降の手順で改造(F2の実装)が必要です。
改造後の保証は受けられませんので、改造前に必ず動作確認をおこなってください。

DIO-8/4RE-UBCの使用方法(Windows)

DIO-8/4RE-UBC のUSBケーブルを取り外します。
(電源の供給をオフする為)

DIO-8/4RE-UBC のF2に、リセット可能ヒューズまたは0Ωチップ抵抗を実装します。
ハンダ等でジャンパしても構いません。
(J1-1pinからMotor HATに3.3Vの供給が必要な為)

DIO-8/4RE-UBCのF2

DIO-8/4RE-UBC と「DC & Stepper Motor HAT for Raspberry Pi」をスタックして取り付けます。

「DC & Stepper Motor HAT for Raspberry Pi」に DCモーター と DCモーター駆動用電源 を接続します。

電源が供給されますので、金属などの導電性のある物とボードが触れないように注意してください。

DIO-8/4RE-UBC とパソコンをUSBケーブルで接続します。

DCモーター駆動用電源を供給します。

2348をスタックしたDIO-8/4RE-UBC

サンプルをダウンロードして動作を確認します。

サンプル(Visual C#)
ソースコードはGitHubで公開しています。
ダウンロードは「Clone or download」→「Download ZIP」からおこなえます。

サンプルでは「CW方向へ回転開始」→「加速」→「減速」→「CCW方向へ回転開始」→「加速」→「減速」をおこなっています。

この記事に関するサポートはおこなっておりませんので、公開されている情報をもとにご使用をお願い致します。