ラズベリーパイのI2Cを有効にする

コンフィグレーションツールを起動します。

$ sudo raspi-config

「Interfacing Options」を選択して「Enter」キーを押します。
(「Interfacing Options」がない場合は「Advanced Options」を選択して「Enter」キーを押します。)

Interfacing Options

「I2C」を選択して「Enter」キーを押します。

I2C

「はい」(または「Yes」)を選択して「Enter」キーを押します。

はい

「了解」(または「Ok」)のまま「Enter」キーを押します。

了解

「Finish」を選択して「Enter」キーを押します。

Finish

i2c-toolsをインストールします。

$ sudo apt-get install i2c-tools

必要に応じてライブラリなどをインストールします。

  • python-smbus

$ sudo apt-get install python-smbus

  • python3-smbus

$ sudo apt-get install python3-smbus

参考資料

WebIOPi公式サイト

Wiring Pi公式サイト