DIO-8/4RE-UBCの使用方法(.NET Core)

サンプルをGitHubで公開しています。
サンプル(Visual C#)
ダウンロードは「Code」→「Download ZIP」からおこなえます。

サンプルのアプリケーションをそのまま利用する場合は、以下のセットアップ手順2のNuGetパッケージのインストールは不要です。
(自動的におこなわれます)
手順3のFTDI社のライブラリ(デバイスドライバ含む)のインストールは必要です。

セットアップ

  1. Visual Studioで、プロジェクトを新規作成するか既存のプロジェクトを開きます。
    (.NET Coreに対応したプロジェクトである必要があります)

  2. NuGetパッケージの「Y2.Dio84ReUbc.Core」をインストールします。

    • ソリューションエクスプローラーからプロジェクトを右クリックして「NuGetパッケージの管理」をクリックします。
    • タブを「参照」にして、パッケージソースを「nuget.org」にします。
    • 検索窓に「Y2.Dio」を入力すると「Y2.Dio84ReUbc.Core」が見つかりますので選択します。
    • バージョンは「最新の安定版」にして「インストール」をクリックします。
    • 「変更のプレビュー」が表示された場合は「OK」をクリックします。
    • 「ライセンスへの同意」が表示されます。同意できる場合は「同意する」をクリックします。

    Y2.Dio84ReUbc.Coreのインストール画面

  3. FTDI社のライブラリ(デバイスドライバ含む)を以下の各OSの手順にしたがってインストールします。

    (本製品は、USB-I2C変換にFTDI社のデバイス(FT4222H)を使用しているため必要です)

    Windows 64bit

    • FT4222Hの製品ページ から「LibFT4222 Windows Library」をダウンロードして解凍します。
    • LibFT4222-vx.x.x\imports\LibFT4222\lib\amd64\LibFT4222-64.dll をアプリケーションの実行可能ファイルと同じディレクトリにコピーします。
    • LibFT4222-64.dllLibFT4222.dll に名前を変更します。

    (レジストリ登録やPATHで登録しても可)

    Windows 32bit

    • FT4222Hの製品ページ から「LibFT4222 Windows Library and Examples」をダウンロードして解凍します。
    • LibFT4222-vx.x.x\imports\LibFT4222\lib\i386\LibFT4222.dll をアプリケーションの実行可能ファイルと同じディレクトリにコピーします。

    (レジストリ登録やPATHで登録しても可)

    Linux

    • FT4222Hの製品ページ から「LibFT4222 Linux Library and Examples」をダウンロードして解凍します。
    • 管理者権限で install4222.sh を実行します。

    Mac

    • D2XX Driversのダウンロード から libftd2xx.dylib をダウンロードして解凍します。
    • FT4222Hの製品ページ から「LibFT4222 MAC OSX Library and Examples」をダウンロードして解凍します。
    • ターミナルで以下のコマンドを実行します。

      # /usr/local/libディレクトリがなければ作成
      $ sudo mkdir /usr/local/lib
      # /usr/local/includeディレクトリがなければ作成
      $ sudo mkdir /usr/local/include
      # libftd2xx.1.4.16.dylibが解凍されたパスに移動してから
      # ファイルをコピー
      $ sudo cp libftd2xx.1.4.16.dylib /usr/local/lib/libftd2xx.1.4.16.dylib
      # シンボリックリンクを作成
      $ sudo ln -sf /usr/local/lib/libftd2xx.1.4.16.dylib /usr/local/lib/libftd2xx.dylib
      # libft4222.1.4.4.14.dylibが解凍されたパスに移動してから
      # ファイルをコピー
      $ sudo cp libft4222.1.4.4.14.dylib /usr/local/lib/libft4222.1.4.4.14.dylib
      # シンボリックリンクを作成
      $ sudo ln -sf /usr/local/lib/libft4222.1.4.4.14.dylib /usr/local/lib/libft4222.dylib
      # ファイルをコピー
      $ sudo cp boost_libs/libboost_system.dylib /usr/local/lib/libboost_system.dylib
      $ sudo cp boost_libs/libboost_thread-mt.dylib /usr/local/lib/libboost_thread-mt.dylib
      

動作確認

  1. DIO-8/4RE-UBCをパソコンとUSBケーブルで接続します。

    電源が供給されますので、金属などの導電性のある物とボードが触れないように注意してください。

    DIO-8/4RE-UBCとパソコンとの接続

  2. アプリケーションを実行します。

    サンプルのアプリケーションの場合の画面

    サンプルの画面

使用例

関連ページ

USB-I2C変換ボード(絶縁デジタル入出力付) DIO-8/4RE-UBC

I2C-Rシリーズ一覧